***
空調のない、川べりのカフェ「いこら茶屋」@田辺市
先日和歌山の田辺市で、連れて行ってもらって感激したカフェ「いこら茶屋」。
秋津野直売所『きてら』の隣にあります。



本棚があったりして、誰かのおうちにきたみたい。
自家焙煎コーヒー300円、手作りケーキ200円です。

場所が素敵なだけじゃなくて、コーヒーも美味しかった。
酸味がありすぎず、苦味もありすぎず。ゆっくり飲んで美味しいコーヒーでした。



すぐそこが川で、風や緑の香りが感じられます。
軒先からは水が落ちるようになっていて、真夏でしたが、涼しい風が入ってきました。





コップなども素敵でしたし、置かれてある鉢に植わっている緑の植物の種類も変わっていて、金魚も泳いでいたりして、みるところがいっぱいでした。

夏の空調の中で長話していると、体が冷えてほんと大変ですが、ここでは扇風機の風と自然の風。長居してしまいましたが、すごく爽やかでした。自然の心地よさを感じました。

車がないといけないような場所ですが、位置的にはそんなに難しくないかな?
このあたりに出かける方がおられたら、直売所での買い物ついでによって見てください。私もまたいきたいー!

関連リンク
秋津野直売所「きてら」アクセスマップ
和歌山 田辺 いこら茶屋-休日style


和歌山
Comments*2 / Trackbacks*0
在来線で、南紀の旅@青春18きっぷ
青春18切符を1回分使い(2,300円分)、和歌山の南紀へ向かって南下してきました。
とにかく海がきれいでした。





各駅停車の電車は、地元の高校生だったり、釣りのおじさんだったりがたくさん乗っているのですが、席がぎゅうぎゅうになることはなく、ゆったり座っていきました。

和歌山の海岸線は、人工物が少ないのがいいところ。
橋とかないし、建物もないし、地形そのままを感じられます。

電車は1時間に1本程度だし、4両とか2両なので、ほんとローカルな路線です。
和歌山-御坊-紀伊田辺と、約2時間。のんびり南下しました。

旅というか、田辺の友人のところに出かけた"プチ旅"なのですが、普段なら往復3,300円くらいかかるので「ちょっと高いな」と感じる移動なのですが、青春18切符なら1日分で済むからコストは2,300円。この1,000円は大きいよなーと思います。

和歌山を電車で移動すると駅前に何もないので、各駅停車で旅する人は少ないですが(釣りとか用事がある人くらい?)、景色がいいので電車乗っているだけでリフレッシュできますよ。



海の見えるカフェに車で友達に連れて行ってもらって、ランチ。



梅干!がのっかったドリア。この梅が美味しくてお土産に買ってきました。
カフェ・ド・マンマさん。

私も普段は車で行っちゃうような場所だったのですが、青春18切符のおかげで電車で今日は行ってみようかという気になったし、そして色々いい発見があったので、このお得な切符に感謝です。

付き合ってくれたお友達にも感謝。
いい日曜日のリフレッシュタイムになりました。

関連リンク
青春18きっぷ


和歌山
Comments*2 / Trackbacks*0
金沢市内は、とにかくビジネスホテルが格安感あり
9月に金沢に行くことになり調べたら、とにかくビジネスホテルの相場が安いので驚きました。
3,000円〜4,000円台で十分泊まれます。しかもそのお値段で朝食付きもあったり。

ホテルの数も多いです。楽天トラベルに登録されているだけで84軒。
東京駅・銀座・日本橋エリアのホテル数と同じですよ。

R&Bホテル金沢駅西口に決定!


R&Bホテル金沢駅西口

朝食つきで4,000円、金沢駅から徒歩3分という立地で決定。
ワシントンホテルのチェーンなので、サービスもしっかりしている様子。

以前はホテルの目の前にあるダイワロイネットホテル金沢 に泊まりました。(レポートはコチラ
ほんとキレイでステキなホテルだったんですが、6,000円〜と相場より若干高め。

その分、金沢駅から近くてよかったし、レディースルームも設備充実していましたが、格安相場で泊まるホテルも体験してみたいなぁと思って、今回は別のところに。

美味しい日本酒も含めて、金沢に出かけるのが今から楽しみです。

関連リンク
金沢市内のホテル一覧【楽天トラベル】


和歌山
Comments*0 / Trackbacks*0
ホタルの養殖と、天然
ホタルにも天然と養殖があるんですよね。
綺麗さは同じなのですが、天然は見られる時期もとても短いので、なんだかはかないですよね。

 

この間ホタルを見に行った、和歌山の「広川町」というところは天然のホタルを大切にしているところ。緑が守られていて、町(里)全体でホタルをずっと守っていこうという運動がされています。

でも時期がすごく難しくて、6月半ばに出かけたらもういませんでした。
少しはいたけれど、ほんとマバラで・・・。ドラマのように一面ホタルというのをココで見たことがあるだけに、「いない・・・ガックリ」という気持ちになりました。

6月末の今でもホタルが見られるところがありますが、そこは養殖なのかな?
和歌山でも「ここは養殖」とか色々話は聞きます。

きれいな光が見られるのはいいのですが、やっぱり天然のホタルがいるくらい緑が豊かなところがもっと増えたらいいのになぁと思ったりします。


和歌山
Comments*0 / Trackbacks*0
トラックバックURL
| 1/1PAGES |